土渦古物商店

楽してニュースを漁るなら、「2NN」がお薦め。ただし情報元の確認は忘れずに。

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お普通プレイ

カテゴリー : exception
exception_conflict future mode 16-30 1/2
exception_conflict future mode 16-30 2/2
手数をを少なく、安全に、んでfpsが落ちないように動作も軽くするというのは難しかった。
箱投げが強くなったので、大ハッチややじろべー(wave25/30)を壊すのがかなり楽になりました。
ほぼ1発で壊れるのは流石に強すぎる気がしますけど。

あと、CPUをオーバークロックしました。
BIOSメニューでCPUのクロック倍率変えただけ。
BIOSでx15→x16.5に変えただけです。ファンの載せ換えどころか電圧設定すら変えていませんが、現在問題なく動作しています。

頂点バッファは、点けたり点けなかったり。
conflict側の描画設定はこんな感じ。
640*480でプレイすればもっと負担が軽くなるのですが、640*480だとキャプチャソフト側が60fpsでしか撮れない(1280*1024だと30fpsで撮れる)というよくわからない仕様なので、常時この解像度でプレイしています。

GPUはGeforce9600GT(512MB)のまま変更はなし。ビデオカードを買い換えても、追加光源やシェーダを有効にしてプレイできるようになるだけな気がするし。ただし、GPUの温度次第では夏場が心配なのでさっさと処分して買い換える可能性はあります。これだからファンレスは…(ブツブツ

以上の構成でキャプチャした当エントリの動画を改めて見直したところ、
obj数が6,000~6,500ぐらいまでなら、fps50~60前後を維持できる。
obj数が8,000~10,000だと、fps10~15前後まで落ちる。
obj数が12,000~だと、fps10未満。
Lv.3のカタパルトやwave17のブラックホールミサイル等で大量のオブジェクトが密集している状況では、obj数が少なくても一時的に処理が重くなるので一概にこうなるとは言えませんが凡そこんな感じ。
フレームスキップを有効にしてプレイしているので、fps15がぐらいまで落ちてもゲームスピード自体は体感ではほとんど変わりませんでした。
スポンサーサイト
Clicky Web Analytics
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。